牧師紹介

上野の森キリスト教会・紹介

心の時代と言われて久しくなっていますが、現代はますます強いものしか生き残れない時代になってきています。上野の森キリスト教会は、『都会の渇いた人間関係に悩む人々のための、 オアシスの場でありたい』との理念のもと、2004年2月より現在の場所で礼拝を行っています。
集まってくる人々は、それぞれ異なる悩みや問題を抱えて来会しますが、 互いに心を開き合い、聖書の学びや祈りを通じてここで生きる希望と慰めを 見出しています。
ぜひ、あなたもご一緒に集まって、神様の愛によって本当に自分らしく生きることのできる喜びを体験できますように、お祈りしています。一度お越しください。


主任牧師 重田 稔仁(しげた としひと)

1962年 鹿児島奄美大島生まれ。

熊本マリスト学園卒、成蹊大学法学部卒 リージェントカレッジ(カナダ)卒 一男一女の父親

詩編121篇1~2節「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。あwたしの助けは来る/天地を造られた主の元から。

2012年度 上野の森キリスト教会 牧会活動指針 標語:私たちの優先順位

コリントの信徒への手紙一 「3:7 ですから、大切なのは、植える者でも水を注ぐ者でもなく、成長させてくださる神です。」

Q: キリスト教って何ですか
今年の始め、教会宛てにメールで寄せられた質問です。私は、暫し考えて以下のように先の質問に回答しました。
キリスト教は、「人がキリストを通じて神と出会い、神と関係を結ぶためのお勧め」ですと。
しかし、回答メールを送信したあとで、自分は本心からそう考えてはいないと気づきました。
そもそも私自身、クリスチャンとして生きていながら、キリスト教という概念を全く意識したことが無いのと同時に、「キリスト教」という言葉自体を無意味だと考えているからです。したがって今回、改めてキリスト教という単語は、比較宗教上取り扱われているキリスト信仰に纏わる宗教概念を一括りにしたことばであって、クリスチャンの信仰の中身を内包したものではないと自覚させられました。
では、クリスチャン信仰とは何か?
それは、「人がキリストを通じて三位一体の神と出会い、神との間に結ばれた関係に依り頼むこと」だと私は、 告白します。三位一体の神との関係を私たちが養うために必須なこと、
それは、「私たちが御子イエスと御父との交わりに生きることです」

このクリスチャン信仰の何たるかを味わい知り、その幸いを体験するために上野の森キリスト教会に足を運んでみませんか!

副牧師・教育主事 松坂 政広(まつざか まさひろ)

1959年生まれ、東京都出身。 青山学院大学文学部英米文学科卒、東京聖書学校卒 1987年渡米、米国フラー神学大学院にて1995年Ph.D.を取得、結婚家族学博士 日本心理学会会員、元日本社会学会会員、家族問題研究会会員 E.T.T.A.公認キリスト教教育インストラクター、C.P.R.E.P.公認カウンセリングインストラクター 東京神学校博士課程教授、 東京基督教大学非常勤講師

「家族の危機管理 -本当に大切な人を大切にできるか-」著者 説教・講演のご依頼を受け付けてます。教会までご連絡ください。 家族学・結婚カウンセリングについても etc..

松坂先生のメッセージを御自分の教会・集会で聴いてみませんか? (家族学・結婚について等)詳細は当教会までお問い合わせください。

副牧師・渡辺 晋哉(わたなべ しんや)

1965年生まれ、自由学園卒。 JTJ宣教神学校卒。

自由学園を卒業後、メーカーで営業職とデザイン業務を経験。2004年より自由学園明日館勤務。現館長。市井の画家、ニッター、挿花士、声楽家。

絵の中に光を感じるのは、その絵に丁寧に影が描かれているからです。そのように私たちの歩みに喜びも悲しみもあるからこそ、人生は輝きを増し、豊かなものになるのでしょう。

苦しみ、悲しみ、怒り、後悔、自分を責める気持ち、見放されたと感じること。そんなマイナスの感情に覆い尽くされているとき、自分の生涯の全体像に想いを馳せることは、なかなか難しいものです。

しかし、私たちの人生は孤独ではありません。心の暗闇の奥底におりてきて下さる方がいます。その方は静かに、そして暖かく私たちの心に寄り添って下さいます。「大丈夫。私があなたといる」と言って力強く支えて下さいます。それは人々を照らすまことの光、主イエス・キリストです。この方に友と呼んで頂いて、この方と同じ神の子として生きる時、揺らぐ事のない喜びに圧倒されます。そうしたキリストの友の集まりが教会です。

私の人生にも度々大きな失望が襲ってきました。私は下に記す2つの聖書の言葉に出会って、もう一度生きる希望を見い出すことができました。

古くから言われている事ですが「喜ぶ人と共に喜びに、悲しむ人と共に悲しむ」教会でありたいと願っています。

イザヤ書 57章17-19節     ルカによる福音書 22章31-32節

 

長老  金山 良雄(かなやま よしお)

1933年大阪生まれ。明治学院大学卒業。1995年ゴードンコンウェル神学大学より名誉神学博士号授与。学校法人平澤大学理事長。国際ギデオン教会東京支部。株式会社ムラサキスポーツ代表取締役会長。日光オリーブの里理事長。

ようこそ私達のホームページを見て下さり、心から感謝します。 重田牧師のメッセージはとても良いです。お年寄りから若い人、またキリスト教、聖書に興味を持った人にも大変わかりやすいメッセージです。 これからのクリスチャンにとっても、もっと大切なことは主の生きたメッセージを聞くことです。 是非、私達の教会で共に学びませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です